入れ歯治療専門のアンチエイジング入れ歯センター埼玉
HOME>医院便り

医院便り

医院便り ~2009年9月~
こんにちは!院長の須藤です。
9月とはいえ、まだ暑さの続く日もあると思いますので、「熱中症」などには十分に気をつけてお過ごし下さいね。
さて、「秋分」を過ぎるとようやく秋めき、「秋の夜長」がはじまります。
9月は「長月」とも呼ばれますが、これは「9月は夜が長い」といったことが語源だそうです。
また、この時期は「長月」のほかに、「菊月」や「紅葉月」などとも昔から呼ばれているそうなのですが、こういったことを知ると、秋の彩りを伝える美しい趣があり、改めて自然を愛でる昔の人たちの心が偲ばれますね。 
また、皆さんは、秋の澄んだ空気の中で見る「お月様」を格別に美しく感じたりしませんか?
秋の夜、あたりが鎮まり返ったころに“満月が放つ光”と“夜の澄んだ空気が広がる世界”には、秋独特の雰囲気が流れ、昼間とは違う息づいた自然もそこここに感じます。
このように「月」が持つ“魅力”は、都会でも地方でもそんなに変わらないとは思いますが、大きな月が雲の間から顔を覗かせるだけで、どこか心があらわれるような思いがするものです。 
今月23日の「秋分」は、昼と夜の長さが同じになる日。
そして、この日を境に十二月の「冬至」にかけて、少しずつ夜が長くなっていきます。
これから、昼の長さがだんだん短くなっていくので少し淋しい気もしますが、夏の陽気と明るさの中ではしゃいだ気持ちと体を、徐々にクールダウンするのにちょうど良いのかもしれませんね。
時にはパソコンやテレビからはなれて、お気に入りの本でも読みながら、ゆったりと流れる時間を味わってみるのもなかなかよいのではないでしょうか。

院長 須藤宗彦

投稿者 須藤歯科医院 (14:15) | PermaLink

コメントする


 




TrackbackURL :