入れ歯治療専門のアンチエイジング入れ歯センター埼玉
HOME>医院便り

医院便り

   医院便り ~2010年3月~
こんにちは、院長の須藤です。 
時の流れは早いもので2000年から早11年経つわけですが、この11年間で起こった大きな変化といえば皆さんはどんなことを思い浮かべるでしょうか? 

2000年にはちょうど“ITブーム”があり、その頃から「携帯電話」を筆頭に情報の在り方がひときわ変化しているように感じます。 
そんな事を考えていた先日、ある子供がお母さんに興味深い質問をしていました。その子はお母さんに『牛乳配達って何?』と聞いていたのです。 
これこそカルチャーショックと言うのでしょうか(苦笑)。 その子にとって牛乳とはお店に売っているものであって、決して家に届くものではなかったのです(苦笑)。 

このように“モノ”そのものは昔から変わらなくても、その“モノ”の在り方は時代と共に変わっていくということを痛感してしまいました。 
同じように配達といえば“新聞”も昔から配達されるのが当たり前ですが、もしかしたら10年後には配達されるものではなく、違った形で届けられる時代が来るのかもしれません。 

このように今の「流通の在り方」、「モノの見方」は時代の流れと共に変化していくことでしょう。 でも、そんな中にも変わらないものもあります。 
例えば、まもなく“桜の季節”ですが、牛乳配達を知らない子たちでも桜を観て綺麗と感じることはあるでしょう。 
それこそ平安時代、いやもっと昔から、日本人にとって桜の開花は春の訪れとともに、そのはかなく散ることの潔さは“自然の摂理を教えてくれる”といった意味では変わっていないでしょう。 

このように時代の流れには変化が伴いますので、ふと立ち止まってその流れを眺めることも時には必要なのかもしれませんね。 
形が有る無しは別として、どんどん変化しているもの、昔から変わらないものにはどんなモノがあるのか?自分の周りを見渡してみてはいかがでしょう? 
意外な発見があるかもしれませんね。                        
院長 須藤宗彦
投稿者 須藤歯科医院 (17:56) | PermaLink

コメントする


 




TrackbackURL :