入れ歯治療専門のアンチエイジング入れ歯センター埼玉
HOME>医院便り

医院便り

   医院便り ~2010年4月~

こんにちは、院長の須藤です。

早くも4月に入り、春の陽気が心地よい季節になりましたね。こ の年度始めでもある4月に気持ちを一新しよう思っている人も多いのではないでしょうか?特に新生活を始める学生達はその気持ちが大きいかもしれませんね。 ところで、皆さんはなぜ『入学式』が“4月”に行われるのかご存知ですか?

実は、日本では昔から4月というわけ ではありませんでした。そもそも“学校の原型”である江戸時代の「寺子屋」「私塾」は、随時入学ができる所だったようですし、明治初期の「高等教育」では 西洋文化の影響で“9月入学”が主流だったようです。

しかし、1886年に政府 の「会計年度」が“4月-3月”の変更に伴 い、1900年に小学校が、そして1921年 に旧姓高校が “4月入学”となったそうです。このように、日本が“4月”に重きを置いているのは、もともと“稲作の国”だったからのようで、稲作農家は6月の田植えに 向けて米の種を買うため、4月に最もお金が必要になり、農家の一年は4月に始まることから、政府の会計年度も4月からに変更になったようです。

物 事にはい ろんな因果がありますが、入学式にも様々な経緯があったのでしょう。また、『世界各国の入学式』はどうなっているのか目を向けてみると、実は日本のように 4月入学という国は稀で、ほとんどの国では夏休み明けから新学年がスタートします。例えばアメリカ、イギリス、フランス、カナダ、ロシア、中国などは州に よって多少違いはあっても、基本的に“9月”に入学式が行われます。

また、南半球のオーストラリアやニュージーランドでも夏休み明けに あたる1月末~2月初めに入学式が行われるようです。 かつて合格通知の電報では「サクラサク」が合格を表したように、4月というのは日本人にとっては気 持ちが引き締まる時期とも言えるのではないでしょうか。 

この春、新入学する学生達に負けず、気持ち新たに生活を見直し たいものですね。
                                         
   院長 須藤宗彦

 

投稿者 admin (18:03) | PermaLink

コメントする


 




TrackbackURL :