入れ歯治療専門のアンチエイジング入れ歯センター埼玉
HOME>医院便り

医院便り

   医院便り ~2010年8月~
こんにちは、院長の須藤です。 
暑い夏はまだまだ続きますが、皆さんはいかがお過ごしですか? 
毎年『今年の夏は特に暑い~』とか『特に寒い~』と都合よく感じてしまいます(苦笑)。
日本は春夏秋冬で季節ごとに気温もガラリと変わるので、あまりその気温に慣れることもなく、よく言えば季節ごとに毎回新鮮な気持ちにもなれるのではないでしょうか。 

ところで、暑い夏に注意したいのが『夏バテ』ですが、これは暑い外とクーラーの効いた室内の行き来が多くなったりすると、自律神経に影響が出て胃腸が活発に働かなくなって食欲が失せてしまったり、また、夜も暑くて眠れなかったりすると体力が落ちてしまって『夏バテ』を引き起こす原因になってしまいます。
昔、冷房のなかった時代は「夏やせ」と呼ばれる症状がありましたが、空調設備が整った現代では、その代替として『夏バテ』がうまれたようです。

ところで…、夏バテがあるのですから『冬バテ』や『秋バテ』、『春バテ』もないものかと思いましたが、基本的に『バテる』という意味では夏だけのようです。
でも、あえていうとすれば、“冬”は暖房を使うことで室温と体温の差が大きくなって体調不良を起こすこともありますから、もしかしたらこれが『冬バテ』なのかもしれませんね。
さらにいうと、冬は忘年会や新年会でお酒を飲んだり、夜更かしする機会も増えるのでバテるのかもしれません。 

なにはともあれ、「夏バテ」を防ぐにはやっぱり「食事」と「睡眠」が大事です。また、クーラーを使う時は部屋の温度を28度ぐらいにするのが最適で、絶対にしてはいけないことは直接体に風を当てることだそうです(体の熱が奪われ、逆に体が疲れてしまいます)。 
また、夏はどうしても食欲が落ちて「そうめん」や「ざるソバ」などに偏りがちですが、そこで大事なのがこれら炭水化物の消化を良くしてくれる「ビタミンB1、B2、クエン酸」を摂ることです(これらを含む食材といえば、豚肉、レバー、枝豆、納豆、豆腐、うなぎ、ゆずなどが代表的です)。 
また、ストレスへの耐性を高めてくれる「ビタミンC、ナイアシン(ぶり、さば、いわしに含まれています)」も摂ることが大切のようです。 
もし「だるい…」と感じたら、それは体が発するSOSなので、しっかり受け止めて『夏バテ』対策を行いましょうね。
院長 須藤宗彦

投稿者 admin (12:15) | PermaLink

コメントする


 




TrackbackURL :