入れ歯治療専門のアンチエイジング入れ歯センター埼玉
HOME>医院便り

医院便り

   医院便り ~2010年10月~
   こんにちは、院長の須藤です。
空が深く澄み渡り爽やかな秋の日が続いていますが、皆様いかがお過ごしですか。 
今年の夏は30年に1度ともいわれる「酷暑」がこれでもかと続きましたから、心も体もお疲れの方が多いかと思います。
 
10月に入りようやく過ごしやすくなったので、今のうちに溜まった疲れを解消したいものですね。 
さて、秋というと「スポーツの秋」「読書の秋」「芸術の秋」など、色々な言い回しがありますが、秋はやっぱり「食欲の秋」ではないでしょうか。「実りの秋」「食欲の秋」「天高く、馬肥ゆる秋」などの格言やことわざが表しているように、やはりこの季節は美味しい食べ物がたくさんあります。
 
私がざっと思いつくだけでも、秋刀魚の塩焼き、ほかほかの焼きイモ、ちょっと高級な松茸、ご飯にしても美味しい栗、そして柿・梨・ブドウなどの果物たち…、考えただけで唾が出てきそうです(笑)。 ところで、秋の食べ物に関する格言の中に『秋なすは嫁に食わすな』というものがありますよね。この言葉の意味は「秋に獲れるナスはとても美味しいので、嫁に食べさせるのはもったいない」という“嫁イビリ”として使われるようですが、逆に「ナスを食べると体が冷えるので、美味しいからといって大事なお嫁さんには食べさせてはいけない」という、お嫁さんを気づかった解釈もあるそうです。
 
もちろん、前者は古い封建的な家族制度の中で生まれたものでしょうが、後者は美味しいナスを独り占めしたいお姑さんの苦しい言い訳という見解にも聞こえますね(苦笑)。何はともあれ、それほどに秋のナスは美味しいということなのでしょう。日本には春夏秋冬の“四季”があり、それぞれ季節によって旬の食べ物が異なります。
 
もちろん、旬の食べ物は新鮮で栄養価も高く、美味しく、安く食べられるので、いいことづくめでもありますよね。 今年は夏の暑さによる高水温で秋刀魚の漁獲量が減っていたり、お野菜が高かったり、そんなこともありますが、それでも秋の味覚は楽しみなものなので、美味しいものをたくさん食べて毎日元気にお過ごし下さい。
院長 須藤宗彦
投稿者 admin (00:51) | PermaLink

コメントする


 




TrackbackURL :