入れ歯治療専門のアンチエイジング入れ歯センター埼玉
HOME>医院便り

医院便り

   医院便り ~2012年1月~
新年あけましておめでとうございます!院長の須藤です。 
いよいよ2012年がスタートしました!新年を迎えると心機一転し、また新たな気持ちにもなりますね。

さて、今年の干支は『辰』です。 本来、干支(えと)というのは『十干(じっかん)十二支(じゅうにし)』を組み合わせたものを指すそうで、現代ではそれら最後の一文字「干」「支」をとって“干支”と呼ばれているそうです。

この十二支の中でただ1つ“想像上の生き物”は、今年の干支の「辰(つまり竜)」でもありますよね。 この「辰」には“草木の形が整った状態”という意味があり、“新しい物や事がこれから生まれる準備が整った状態”を表すそうです。 そういった意味でも2012年は、日本にとって“再スタート”の年とも言えますし、世界的にも“大きな変化”のある年になりそうな気がしませんか?
前回の辰年はちょうど西暦2000年でした。その時代の大きな節目である2000年から、もう干支が一回りしたことに時の流れの速さも感じてしまいます。 

また、こういった形で時代の流れを“縦の軸”で考えると、ふと勇気づけられることもあったりします。 それは、自分が今この世に“生”を授かっているのは、実に多くのご先祖様と繋がっているということに気づかされるからです。 例えば、今自分がいるためには、まず「両親」の存在がなければなりません。 そして、さらにその両親にもそれぞれ両親がいて、さらにその上にもそれぞれの両親がいます。 仮に10世代前までさかのぼってみると、自分の先祖は“1,024人”もいることになります。 さらに、これを20世代前までさかのぼってみると、ご先祖様は“1,048,576人”と百万人を超える計算になるのです。 もちろん、私たちの先祖が生き抜いてきた時代が、今よりも生きやすかったかというと決してそうではないでしょう。 だからこそ、今自分がいるということは奇跡に近いような感じもしてしまいます。 

普段はこういったことを考える機会もあまりありませんが、こういったことをいつも心のどこかに置くことで、日々の生活も“半歩先に進んだもの”になるのかもしれませんね。 それでは、2012年が皆様にとって素晴らしい1年になりますように!

院長 須藤宗彦

投稿者 admin (12:51) | PermaLink

コメントする


 




TrackbackURL :