入れ歯治療専門のアンチエイジング入れ歯センター埼玉
HOME>医院便り

医院便り

   医院便り ~2010年10月~
   こんにちは、院長の須藤です。
空が深く澄み渡り爽やかな秋の日が続いていますが、皆様いかがお過ごしですか。 
今年の夏は30年に1度ともいわれる「酷暑」がこれでもかと続きましたから、心も体もお疲れの方が多いかと思います。
 
10月に入りようやく過ごしやすくなったので、今のうちに溜まった疲れを解消したいものですね。 
さて、秋というと「スポーツの秋」「読書の秋」「芸術の秋」など、色々な言い回しがありますが、秋はやっぱり「食欲の秋」ではないでしょうか。「実りの秋」「食欲の秋」「天高く、馬肥ゆる秋」などの格言やことわざが表しているように、やはりこの季節は美味しい食べ物がたくさんあります。
 
私がざっと思いつくだけでも、秋刀魚の塩焼き、ほかほかの焼きイモ、ちょっと高級な松茸、ご飯にしても美味しい栗、そして柿・梨・ブドウなどの果物たち…、考えただけで唾が出てきそうです(笑)。 ところで、秋の食べ物に関する格言の中に『秋なすは嫁に食わすな』というものがありますよね。この言葉の意味は「秋に獲れるナスはとても美味しいので、嫁に食べさせるのはもったいない」という“嫁イビリ”として使われるようですが、逆に「ナスを食べると体が冷えるので、美味しいからといって大事なお嫁さんには食べさせてはいけない」という、お嫁さんを気づかった解釈もあるそうです。
 
もちろん、前者は古い封建的な家族制度の中で生まれたものでしょうが、後者は美味しいナスを独り占めしたいお姑さんの苦しい言い訳という見解にも聞こえますね(苦笑)。何はともあれ、それほどに秋のナスは美味しいということなのでしょう。日本には春夏秋冬の“四季”があり、それぞれ季節によって旬の食べ物が異なります。
 
もちろん、旬の食べ物は新鮮で栄養価も高く、美味しく、安く食べられるので、いいことづくめでもありますよね。 今年は夏の暑さによる高水温で秋刀魚の漁獲量が減っていたり、お野菜が高かったり、そんなこともありますが、それでも秋の味覚は楽しみなものなので、美味しいものをたくさん食べて毎日元気にお過ごし下さい。
院長 須藤宗彦
投稿者 admin | PermaLink | コメント(0) | トラックバック(0)
   医院便り ~2010年8月~
こんにちは、院長の須藤です。 
暑い夏はまだまだ続きますが、皆さんはいかがお過ごしですか? 
毎年『今年の夏は特に暑い~』とか『特に寒い~』と都合よく感じてしまいます(苦笑)。
日本は春夏秋冬で季節ごとに気温もガラリと変わるので、あまりその気温に慣れることもなく、よく言えば季節ごとに毎回新鮮な気持ちにもなれるのではないでしょうか。 

ところで、暑い夏に注意したいのが『夏バテ』ですが、これは暑い外とクーラーの効いた室内の行き来が多くなったりすると、自律神経に影響が出て胃腸が活発に働かなくなって食欲が失せてしまったり、また、夜も暑くて眠れなかったりすると体力が落ちてしまって『夏バテ』を引き起こす原因になってしまいます。
昔、冷房のなかった時代は「夏やせ」と呼ばれる症状がありましたが、空調設備が整った現代では、その代替として『夏バテ』がうまれたようです。

ところで…、夏バテがあるのですから『冬バテ』や『秋バテ』、『春バテ』もないものかと思いましたが、基本的に『バテる』という意味では夏だけのようです。
でも、あえていうとすれば、“冬”は暖房を使うことで室温と体温の差が大きくなって体調不良を起こすこともありますから、もしかしたらこれが『冬バテ』なのかもしれませんね。
さらにいうと、冬は忘年会や新年会でお酒を飲んだり、夜更かしする機会も増えるのでバテるのかもしれません。 

なにはともあれ、「夏バテ」を防ぐにはやっぱり「食事」と「睡眠」が大事です。また、クーラーを使う時は部屋の温度を28度ぐらいにするのが最適で、絶対にしてはいけないことは直接体に風を当てることだそうです(体の熱が奪われ、逆に体が疲れてしまいます)。 
また、夏はどうしても食欲が落ちて「そうめん」や「ざるソバ」などに偏りがちですが、そこで大事なのがこれら炭水化物の消化を良くしてくれる「ビタミンB1、B2、クエン酸」を摂ることです(これらを含む食材といえば、豚肉、レバー、枝豆、納豆、豆腐、うなぎ、ゆずなどが代表的です)。 
また、ストレスへの耐性を高めてくれる「ビタミンC、ナイアシン(ぶり、さば、いわしに含まれています)」も摂ることが大切のようです。 
もし「だるい…」と感じたら、それは体が発するSOSなので、しっかり受け止めて『夏バテ』対策を行いましょうね。
院長 須藤宗彦

投稿者 admin | PermaLink | コメント(0) | トラックバック(0)
   医院便り ~2010年7月~
こんにちは、院長の須藤です。
7月、いよいよ梅雨も明けて「夏本番」となる季節ですが、いかがお過ごしですか? 
日中は暑い日も続きますが、夜になると夜風が涼しい時もありますね。 

こういった心地良い夜風は、暑い夏の中では特別なご褒美のようにも感じます。また、こういった夜風を浴びると、子どもの頃に『天体観測』に出かけたことを思い出します。 
幼い頃、夜中に出歩くことは少し冒険めいた気分で、ワクワクしながら天体観測に出かけたものです。 
夏の星として有名なのは、東の空に浮かぶ「夏の大三角形」や「北斗七星」、南の空でいうと「さそり座」、「いて座」でしょうか。いて座の中にある「南斗六星」は、西洋ではミルク・ディッパー(ミルクさじ)と呼ばれており、天を流れる“天の川のミルクをすくうスプーン”に例えられています。
また、星について語る時に外すことのできないのが『ハッブル宇宙望遠鏡』です。
この『ハッブル宇宙望遠鏡』とは、約600㎞上空を周回している大きな“宇宙望遠鏡”のことですが、この望遠鏡は、地球からは正確に観ることが不可能な星を観ることができるのです(それら星たちはものすごく美しいです)。 
実際、この望遠鏡によって様々な新しい惑星が発見され、天文学史に残る数々の貴重な写真も撮影されています。 
実はこの『ハッブル宇宙望遠鏡』は、2003年にNASAが予算の関係で「今後、修理は行わない」という方針を発表しましたが、これに多くの“反対署名”があったため、2006年に方針を転換して修理を行うことを決定したのです。それほど、この『ハッブル宇宙望遠鏡』から撮影された天体写真は多くの人に感動を与え、愛されていたのでしょう。撮影された天体写真は「インターネット」や「写真集」などで気軽に観ることができるので、ご興味ある方は一度ご覧になって下さい。その美しさにきっと驚きますよ! 

幼い頃、宇宙について考えると夜も眠れなくなったことはありませんか? 
でも、大人になって忙しい日々に追われると、そういったことを考える暇もなくなっていくものですね…。 だからこそ、ちょっとした合間を見つけ、ふと「夏の夜空」を眺めて“晴れた気持ちになる時間”も大切なのではないかと思いました。         
院長 須藤宗彦
投稿者 admin | PermaLink | コメント(0) | トラックバック(0)
   医院便り ~2010年6月~
こんにちは、副院長の須藤です。 
2010年ももう半分が過ぎようとし、ジメーッとした季節になってきましたね。
日本では高温多湿であまり好まれないこの季節ですが、日本の裏側の南アフリカでは、今年『サッカーワールドカップ』が開催されますので世界中が熱狂するこ とでしょう。 
今回の日本代表は、世界最速で4大会連続の4度目となるワールドカップ出場を決め、日本サッカーもワールドカップの出場権を手堅く手に入れるほどの実力を 持つようになってきました。

そんな「日本サッカー」ですが、かつてサッカー少年たちに大きな影響を与えた“アニメ”といえば、きっと『キャプテン翼』と答える人が多いのではないで しょうか? 
この『キャプテン翼』は“サッカーが大好きな主人公「大空翼」の活躍を描いた成長物語”でしたが、おそらく今の20~40代の方は、少年時代にとても影響 を受けたアニメのひとつだったのではないでしょうか(知らない方はごめんなさい)。 
実はこの『キャプテン翼』は日本だけでなく、世界各国でも人気のアニメであることはご存知でしたか? 特にイタリアでは『ホーリー&ベンジ』というタイト ルで放送されていて、現在イタリア代表として活躍しているほとんどの選手がこれを観て育ち、サッカーに情熱を注ぐようになったそうです。 例えば、イタリ アのスター選手「フランチェスコ・トッティ」や「アレッサンドロ・デルピエロ」も少年時代、『ホーリー&ベンジ』の大ファンであることを公言しています。  
その他にもフランスやブラジル、ドイツなどのサッカー強豪国でも放送され、現在活躍している各国のサッカー選手に大きな影響を与えたそうです。 
おそらく、この日本のアニメ『キャプテン翼』が世界中のサッカー少年に受け入れられた理由は、主人公の翼君の有名なセリフ『ボールは友達』に象徴されるよ うに、登場人物達が持つサッカーに対する情熱と愛情。それと、現実的には実現不可能とも言えるような「アクロバットな必殺シュート」が、万国共通で子ども たちに夢と憧れを抱かせたからではないかと思います。  
現在活躍している世界のスター選手達が少年時代、日本のアニメに影響を受けてサッカーを頑張っていたなんてとても嬉しいですね。 

今回は『キャプテン翼』のアニメを知らない人には少し退屈なお話になってしまいましたが、もし機会があればぜひご覧になってみて下さい。
副院長 須藤史成

投稿者 admin | PermaLink | コメント(0) | トラックバック(0)
   医院便り ~2010年5月~
こんにちは、院長の須藤です。 

旧暦でいう「皐月」となり、すっかり暖かい季節となりましたね。このような季節は外に出かけたくなる気分も高まるものです。

ところで、最近はタイヤが細い本格的なロードレーサータイプの“自転車”に乗っている人を多く見かけるような気がします。 実際、健康や体力づくりのために通勤で使ったり、スポーツとして始める人も増えているようです(もちろん、まだ始めていなくても、潜在的に自転車で体力づくりをしたいと思っている人もかなり多いのかもしれませんね)。 
しかし、それと比例して“自転車の事故”も結構増えているようです。基本的に日本の道路は「車」と「歩行者」のために建設されているため、“自転車”は肩身の狭い立場なのかもしれませんね。 
そんな自転車ですが、世界的にみると自転車先進国として有名なのが「ドイツ」と「オランダ」です。 

ドイツでは“自転車専用道路”があって国を挙げて自転車を推奨しています。また、何年も前から自転車道の整備を行ってきたため、ドイツの都市では電車やバスよりも自転車の方が便利なのだそうです。しかも、この取り組みは地球温暖化の問題がクローズアップされる前からというのですから本当に素晴らしいですね! 
また、ドイツに負けず劣らず自転車先進国として有名なオランダでは、女王も自転車で買い物に出かけるというのは有名な話です。 実は日本でも2010年度から国土交通省が「自転車専用道路」を本格的に整備する方針で、主要都市を20ヵ所程度選んで整備を始めるといったプロジェクトが発足しているようです。 

最近では、車購入者に対しての「エコカーポイント」はポピュラーになりましたが、自転車を買う人にも「エコポイント」を付与するのはどうでしょうか(笑)。
朝の陽気や夜風がとても心地よい季節ですから、「自転車」を生活の一部に組み込んでみるのも良いかもしれませんね。
                                            院長 須藤宗彦

投稿者 admin | PermaLink | コメント(0) | トラックバック(0)