入れ歯治療専門のアンチエイジング入れ歯センター埼玉
HOME>入れ歯の不安

お手入れについて

入れ歯のメインテナンス方法で重要なこと

入れ歯のお手入れで何が重要なのでしょうか?
お分かりだと思いますが、「洗浄」です。
常に清潔に保つように心がけ、朝と夜、また、食事の後には入れ歯を取りはずして洗いましょう。
いつも、きれいな口にきれいな入れ歯をはめている事は、部分入れ歯の場合は残った歯を長持ちさせる事にもなります。
床の裏側とバネの裏側には食べカスや歯垢が付着している場合があります。
入れ歯を清掃する時は、自分の口もきれいに磨きましょう。


また、年齢とともに周囲の歯茎はやせてくるのが普通です。
ピッタリとあっていた入れ歯もぐらついたり、うまく噛めなくなったり、違和感が生じるようになることもあります。
放置しておくと周りの歯や歯肉に負担がかかり、悪くなってしまうだけでなく、咬み合わせがずれてくることで、痛み、肩こり、腰痛、などの症状起こすこともあります。
定期的にメンテナンスを受けることで、症状が出る前に解決できます。
そのような時は、なるべく早く歯科医に相談してください。

入れ歯用ブラシでブラッシング

入れ歯用ブラシは普通の歯ブラシより植毛が太くて硬いので、あまり力を入れてブラッシングすると、入れ歯が削れてしまう恐れがあるので注意しましょう。
頑固な汚れがある場合は、汚れのところだけをはみがき粉などでブラッシングしてください。

歯石の除去

入れ歯にも自分の歯と同じように歯石が付着します。特に上の入れ歯は定期的に入れ歯の歯石をとる事も大切です。歯科医に相談して取ってもらう事をおすすめします。

入れ歯洗浄剤を使用

頻繁に利用する事は避けたいですが、細かな部分の汚れをとるには、入れ歯洗浄剤を使ったりするのもよいでしょう。発泡性の泡で見えない部分のヨゴレなどを浮かび上がらせます。
入れ歯洗浄剤の使用後は、入れ歯用ブラシで力を入れずにブラッシングをおこなってください。

保管方法(就寝時)

就寝時にはずした時は、必ず水を入れたコップに入れておきましょう。乾燥させると入れ歯は変形してしまいますので、水分を含ませておきましょう。
また、入れ歯や夜間なるべくはずすように心がけましょう。歯ぐきを休ませる事も大切です。

市販の入れ歯用接着剤やリライング材

市販の入れ歯用接着剤やリライング材の使用はなるべく避けましょう。
なぜならハグキを圧迫する事で、歯槽骨の吸収が早く起こる可能性があり、今後入れ歯が入れにくく合わなくなる可能性があるからです。一時的な対処方法としてのご利用をおすすめします。
具合が悪くなったらなるべくお早めに歯科医にご相談下さい。