入れ歯治療専門のアンチエイジング入れ歯センター埼玉
HOME>入れ歯の不安

| 入れ歯の痛みについて |

粘膜や形態などの影響

土手のような歯茎の部分痩せている場合、入れ歯が安定しにくく、動きやすいため、擦れやすくなります。歯茎の粘膜が薄い場合、クッション効果が少なくなり当たりやすくなります。唾液の分泌が少ない場合、潤滑効果が少なくなって粘膜が傷つきやすくなります。
これらに対応し改善した入れ歯を作ることで患者さんを悩ませていたいろいろな問題を解決します。