入れ歯治療専門のアンチエイジング入れ歯センター埼玉
HOME>入れ歯の知識

マグネットデンチャーについて

マグネットデンチャー(磁石式入れ歯)とは
バネで維持する従来の入れ歯と違って、磁石で吸着させる入れ歯のことです。 入れ歯にハイテク磁石を取り付け、歯根にキーパーという磁石に吸着するパーツを取り付けます。 その吸着力で入れ歯を維持するため、ピッタリ口に合ってよく噛める入れ歯になります。 バネを使わないので、歯にやさしく、取り扱いもとってもラクです。
歯が2~3本しか残っていない場合
残っている歯を利用してマグネットデンチャーにすることは可能です。
マグネットデンチャーは歯にやさしいので、歯根しか残っていない場合や 多少状態が悪くなっている歯でも抜かずに利用することができます
また、インプラントを植えて磁石の数を増やすと、さらにしっかり吸着する 入れ歯になります。
インプラント・マグネットデンチャー
インプラント・マグネットデンチャーとは、優れた治療法であるマグネットデンチャーとインプラント を組み合わせた最先端ハイブリット入れ歯です。構造はインプラントを歯根の代わりに用いた マグネットデンチャーで、しっかり噛めるだけでなく土手の吸収を防止したり咬合支持の改善など、 様々な利点があります。また骨が少なく固定制インプラントが困難な場合にも適します。