入れ歯治療専門のアンチエイジング入れ歯センター埼玉
HOME>入れ歯の知識

洗浄剤について

どんな入れ歯洗浄剤を使ったらいいか

入れ歯の清掃に関して、患者さんは歯科医師の適切な指導がない限り自己流を通す事になります。特に、部分入れ歯では残っている歯の歯磨きと入れ歯の清掃を区別して行う必要性を自覚していただく事が重要であり、これが入れ歯洗浄剤の必要性を認識させる第一歩となります。


入れ歯洗浄剤の意義

いちばんは抗微生物作用により入れ歯による口内炎の予防すブラシの入らない部分の洗浄が可能である。

  1. 入れ歯を磨耗・変形させるおそれがない。入れ歯を毎日、力を入れてブラシで磨き続けると、レジン(プラスチック)の磨耗により適合不良となります。歯磨き粉を使うと、さらに細かい傷がつき汚れやすくなります。
  2. 運動能力低下でブラシが十分使用できない場合でも清掃効果を上げる事ができます。

入れ歯洗浄剤の使用目的

抗菌や抗微生物作用によりバイオフィルム(細菌の塊)の形成を阻止し、口腔内常在細菌(お口の中の細菌)や真菌(カビ)に起因する日和見感染(常に感染していること)を予防する事と、入れ歯に付着した色素性沈着物などの視覚的な汚れを取り除くことにあります。


入れ歯洗浄剤の種類

一般に過酸化物系は為害作用も強くないが洗浄効果も少ない。次亜鉛素酸系は、洗浄効果は強いが、入れ歯の素材も痛めやすい。酵素系は、洗浄効果はおだやかであるが、為害性も少ない。酸系は歯石の除去に著しい効果がある。
以上のように、入れ歯洗浄剤の使用は、微生物学的見地からは必須と考えられます。しかし、汚れすぎた入れ歯を洗浄剤で一気にきれいにしようとすると入れ歯の素材も痛めるので、毎日、汚れすぎるまで放置せずに、比較的マイルドな洗浄剤を有効に使用する事をお勧めします。


  • 過酸化物系
    為害作用も強くないが洗浄効果も少ない
  • 次亜鉛素酸系
    洗浄効果は強いが、入れ歯の素材も痛めやすい
  • 酵素系
    洗浄効果はおだやかであるが、為害性も少ない
  • 酸系
    歯石の除去に著しい効果がある

以上のように、入れ歯洗浄剤の使用は、微生物学的見地からは必須と考えられます。しかし、汚れすぎた入れ歯を洗浄剤で一気にきれいにしようとすると入れ歯の素材も痛めるので、毎日、汚れすぎるまで放置せずに、比較的マイルドな洗浄剤を有効に使用する事をお勧めします。

歯科医師が積極的に使用できる義歯安定剤は

歯科医師は義歯安定剤を必要としない、維持安定の良い義歯を作る事を目指して努力しているのですが、その思いとは裏腹に多くの患者さんが"入れ歯安定剤"を頼りにしているのが現実のようです。
日本では、患者さんが自身が安定剤を購入して直接使用しているので、歯科医師の立場からみるといろんな問題点があるように思えます。しかし、現実がそうであるなら歯科医師としてこのまま見過ごすわけにはいかないでしょう。入れ歯安定剤を悪いといってだけただ突き放すだけではなく、どこが悪い、そして現状でのより良い使用法などを理解し患者さんに説明しなければなりません。


歯科医師としては、安定剤を使うとすれば以下のような条件があげられると考えます。


  1. 安定剤を使う事で、歯科医師と患者さんがつくりあげた今までのお口のなかの環境から大きく変わらないこと
  2. かみ合わせの高さ、その平面が変わらない事
  3. 下顎の位置が変わらない事
  4. 入れ歯からの除去が楽な事

安定剤の種類と性質をみてみますと、性状から粉末タイプ、クリームタイプ、クッシヨンタイプに分けられています。しかし成分・効用を考えると粘着性の高い物を主成分とした粉末、クリーム状のものを粘着剤、クッションのあるゴム状のものを密着剤と分けて考えた方がわかりやすいでしょう。粘着剤は入れ歯とお口の粘膜が粘着することで、密着剤は入れ歯と粘膜とのすき間を埋めて密着させることで入れ歯の維持力を向上させるものです。


粉末タイプとクリームタイプは同じ成分ですが、クリームタイプの方が唾液に流されにくいので長持ちし、粘着力も大きく、しかもつけたい部分に的確にかつ均一に薄く塗布できます。このため噛み合わせが安定しています。
クッションタイプはべたつかず取り扱いが簡単ですが入れ歯との接着力が大きく入れ歯からはがしにくい。クッション効果でかむ力を分散するので痛みをやわらげるとされています。が、流れが悪いために、厚さが不均一になりやすく、粘膜が炎症を起こす場合もあります。この様に、入れ歯安定剤は粘着型と密着型で大きく性質が変わり、使い方を誤ると取り返しのつかない事にもなるので、使用されるときは歯科医師に相談されて使用される事をおすすめします。