入れ歯治療専門のアンチエイジング入れ歯センター埼玉
HOME>入れ歯の知識

| 入れ歯の判断基準 |

部分入れ歯の考え方

違和感や満足度は、個人の感覚によるところが多く単純に比較出来ないものです。
その人が入れ歯で何でも噛めると言えばインプラント治療をする必要はないのです。問題はその逆で、入れ歯がいつまでも痛かったり、安定せずに外れやすく噛みにくい場合はインプラント治療を考えるわけです。


入れ歯かインプラントかではなく、今の入れ歯では満足に物が噛めない、入れ歯はどうしても受け入れられないという時に全く別の方法としてインプラント治療をするか(固定式になる)、入れ歯の補助としてのインプランと治療をするか(半固定式となる)という、患者さんの満足度を高める治療法として、現在、歯科医はインプラント治療という方法を提案できるという事なのです。
そして、その治療法は噛めるという点においては絶対的に患者さん、歯科医両方の満足度が高い治療法だということです。